看護師側と病院側の求人に対するズレ

たいていの場合、仕事を探す看護師が希望する求人の条件と病院などの求人側が希望する看護師の条件というのはミスマッチがあるんですよね。

そしてそれが看護師の資格も経験もあるんだけれども看護師としては働いていない、いわゆる潜在看護師が増える原因にもなっていると言われています。

潜在看護師が増えてしまう一番の原因は、労働者と職場のミスマッチにあるということです。というのも、潜在看護師の多くが家庭を持っています。家庭を持っているということは子どもの世話であるとか、あるいは家族の中で世話をしなければならない人がいる場合が多いということ。

そうなると必然的に自分の居住地の近辺での勤務を希望します。家の近くの職場であれば通勤時間がかかりませんし、何かあった時にすぐに戻ることができるので安心という面もあります。
また子育ての最中であれば、子供の迎えや家事のために短時間の勤務を希望することになります。看護師からみたらそう希望するだろうな、というのはよく分かります。

一方、病院側から見たら、希望する条件というのは違ってくるんですよね。例えば、何かあった時にすぐに戻ることができるというのはスタッフの確保、つまりは医療サービスの提供が不安定になってしまうので、なるべくは避けたい。ある程度は許容できるにしても、あまりにそうした看護師が増えてしまうと、それはそれで医療サービスの提供が不安低になってしまうというのは確かにそうだと思います。また、通勤時間の短い職場が良いと希望する看護師に対して、その希望に沿った職場があるとは限りませんし、大きな病院ともなれば、住宅街からは少し離れたところにあるのはよくあることです。

となると、これらの希望は病院側の提示する条件とはなかなか一致しないため、復職が進まなくなってしまうのです。。

自分の希望している職場を上手く探すというのは難しいものなのです。

これは潜在看護師に限ったわけではなく、転職をしたい看護師にも言える部分があります。自分が希望する条件に合った職場を探したいけれども、病院側の意向はそれとはことなるためになかなか求人が見つからない。。。という看護師は多いです。

そうした求人のミスマッチと言うのはリソースの面からとてももったいないことだと思います。多くの求人の情報を持っている転職サイトであれば自分が希望する求人が見つかりやすいと言われますね。自分が希望する条件の求人がなかなかみつからない。。と思っているのなら転職サイトを利用してみると良いのかもしれませんね。
看護師求人名古屋リサーチ室

コメントを残す